読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

座学を終えて感じること。

座学で学ばせていただいて、問題行動とは~その行動だけを直せたらOK!なのではなく

日々のいろいろなことがリンクしているんだなぁー!と感じる今日この頃です。

例えば・・・(仮定)

モカのんとのコミュニケーションチャンネルがあるからこそ、コンタクトトレーニングができて

飼い主の声が届くようになってきた。

そして、常にリラックスしていられることで、興奮のスイッチが入りにくくなり、

常にママの声が届くようになる。

そういう状態であれば、ママのインターセプトで吠えを止めてあげることがでる。

それが、お外でもカフェでも~。

理想像ですよね!

しかも、すべてがリンクされている。

↑そうなると・・・

■反省点(^^;;

・一つ目

 飼い主の食事中~足元で伏せて待てるようになってきたにもかかわらず

 ママはスペシャルなおやつを用意してしまった(><)

 これはNGですね! 期待感満々で逆に緊張させてしまってるー

 リラックスに導いてあげらてない状態です。リラックストレーニング大失敗(>人<;)

これを改めるのがまた大変だぁー!(トホホ)

・そして二つ目・・・

 先日のWoofで、モカはノーリードでお散歩しているとき、着いて来ない時があったんです。

 その時教わった、過干渉気味!という言葉。

 どうやら干渉し過ぎということ。

 昼間のお留守番が長めな我が家は、私が帰宅すると一緒にいっぱい遊ぶんですp(^_^)q

 でも、それがどうやら遊び過ぎ~かまい過ぎ~ワンコを見すぎる!ということに繋がるらしく。

 着いて来られなかった・・・原因のよう。 

 また、これはインターセプトが効かない原因にもなってしまうそうです。

いやぁー!奥が深いです!!

すべてリンクしているのですね! (^^;;

何事も適度を保つべし!ということでしょが、その適度の見極めが難しい~~~!(◎_◎;)

なんせ人と犬は種が違うから。

もしかしたら、ママが興奮に導いていたのかもしれないねー。

反省です。

これを踏まえて、もっともっと学び続けたいと思うのであります!

こんなママだけど~モカとのんはついてきてくれるかなぁー(^^;;