読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

自分育て

1年前はモカから『触って!』と言われる日がくるなんて、夢にも思っていませんでした。

マズルや前脚に少しでも私の手が触れようものなら、

ムキムキっ!(♯`∧´)

触って→オヤツだってままならない状態で、当初は随分落ち込みました。

それが今では嬉しいこと(条件刺激)になりつつあります。

変われば変わるものですね!

昨日のCDSのオンラインドッグスクールより(一部引用させていただきます)

『犬を育てることは自分を育てることです。』と夏目先生。

私はモカとの取組のお蔭で、いい年をして恥ずかしけれど『辛抱する』ことを

教えてもらっているような気がします。

(現在進行形(^^;; )

モカが一生懸命に苦手なことを受け入れようとしているとき

私に出来ることは?

焦らないで待つ=辛抱。

CDSで勉強する前の私だったら、オペラントトレーニング方が早く伝わると聞けば、疑うことなく受け入れ、そればかりを行っていたかも知れません。

でも、CDSのブログにたどり着き、少しづつ古典的条件付けというものを教わって勉強して、古典的条件付けの威力を感じはじめてからは、

時間はかかるかもしれないけれど、これが確実に仲良くなれる近道だと感じています。

まだまだ気持ちに寄り添えてない部分も沢山ありますが(^^;;

焦らず~ゆっくりモカのペースに合わせて、一緒に前進したいと思います♪