読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

モカの言い分 その1

もう皆さんご存知だと思いますが・・・

うちのモカは前脚と顔まわりを触られるのが苦手で^^;

イヤイヤがMaxに達してしまうと歯を使うことがあります。

でも、これでもだいぶ落ち着いてきて、今ではムキムキ(顔)はしても歯を使うまでには

至らなくなくなってきました。

では、歯を使う、咬む仔って悪い仔でしょうか?

巷では・・・

・咬むなんて許してはいけない=悪い仔(→時には飼育放棄)

・厳しく叱らないから飼い主がなめられる

・犬が飼い主より上だと思っている 

などなど言われたりしますよね。

確かに噛まれれば痛いし、こんなに可愛がってあげているのになんで飼い主を咬む?と、

イライラもするし。

あっ、私は怖かった時期もありました。

すると、自分のワンコのことが分からなくなり、どう対処して良いか分からなくなり

ついつい叱る。

でも落ち着いて考えると、ワンコにだって理由があるのですよね。

ワンコの気持ち(犬目線)で考えてみると・・・

・次はいったい何をされるんだろう?

・ママのあの行動は怪しい!息を止めてボクのことをガン見してる!

 きっと何かあるに違いない。

・あの怖い顔(表情)の時には痛いことされた事があった。 など

危険から自分を守る為に、小さな頭で一生懸命考えて

あげくわけがわからなくなって、パニックに陥って・・・

自己防衛の為に口を使うしかないと選択させてしまうのです。

もしかしたら、そういう状態へ追いやっているのって、飼い主の行動だったりするのですね。

その人側の行動を一つ変えてみるだけで、ワンコの“追い詰められた感”て

軽減してあげられるものではないかと実感しています。

私が感じる一番簡単なようで、一番難しい方法が「見ないこと」です。

逆に言うとモカが幼い頃、私は何をする時もガン見して、見つめるように行っていました。

きっとそれが嫌で、怖かったのでしょうね。

だから強化してしまったのかも・・・。(反省です)

人目線で言うと「可愛いから見ていたい」けれど

犬目線では「かなり怪しい」(笑)

犬同士のシグナルを見ても視線が合ったり、ガン見されると気持ちが“ザワザワ”する様子が

伺えますね。

それを踏まえて「目を見ない」ように、モカの苦手な部分(顔まわり)を触っては→

・タンタン♪(マーク)

・すごいね

・カッコイイね

・やったね

この2次強化子で励まし続けて~やっとここまで触れるようになりましたぁー(^_^)v

↑残念ながら前脚を触ってる写真がありませんが、前脚も触れるようになってきたんです♪

(お手が出来るようになるのも~夢では無いかも~♪)

はじめた当初は、1日1回限定で、

触っては→大好きなアイスクリームだったり(笑)

〔モカの苦手な部分を触る事〕と〔大好物〕を対提示(古典的条件付け)してきました。

今ではやっと、(上記の)2次強化子で苦手なことを乗り越えられるようになってきました。

ハズバンダリートレーニング万歳です!

モカの言い分を聞きながら、人間側のちょっとした行動を変えてみる=折り合いを付ける。

これが仲良く暮らすための近道ではないかな?と、つくづく感じています。

チャーリードッグスクールでワンコの習性を学んではじめて気付くことができました。

だから咬む仔には、それなりの理由があって決して悪い仔ではないのだと思います。

昨年末に神奈川県の動物保護センターを訪問したとき、残念ながら処分されてしまう理由の1位が咬む仔でした。

咬む仔だからと命を落とすことがありませんように・・・☆

そう願わずにはいられません。