読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

モカと私の“ルール”

モカのこと

早いもので~あと3ヶ月でモカ3歳になります\(*T▽T*)/

モカと私・・・

いろいろ~悩んだ時期もありましたが、やっとモカと私の“ルール”が

確立されてきたのかな~?なんて感じる今日この頃です。

もう皆さんもご存知の通り、モカは前脚とお顔まわりを触られることが苦手で、

ちょっとでも手を近づけようものなら「ムキムキ!」「ガウガウ!」

それでも自分の意思が通じないと噛みに至ることも多々・・・。

日々の生活のでは深刻な悩みでした・・・だって

・ハーネスの装着はできない(何日も着せっぱなしの時もありました)

・抱っこが出来ない(私が手を出すと噛む)

・お散歩のあとのお手入れ~前脚が拭けない

そして悩んだあげく、私は罰を使わないトレーニング=チャーリードッグスクールの夏目先生に相談させていただいて『丁寧な接し方』を教えていただいて心がけてきました。

又以前から興味があり夏目先生にもすすめていただいて、今年の3月にはデビーポッツ先生の『Tタッチワークショップ』にも

参加させていただきました。

この頃からかな~、私のモカに対する接し方はこれなんだ!という確信が芽生えはじめてきたのは…。

と言ってもぜんぜん大したことではなーくー。

誰もが出来ること。

『スモールステップ』です。

ただこの言葉を聞くと~どれだけの日数がかかるんだろう?と

正直“不安が過ぎる”方も多いかもしれません。

正に私もそんな一人でした(^^;;

でも、考え方を変えると

・毎日ほんの少しで良いんです!

良いところ(出来たところ)で止めるからワンコはイライラしないし、

おまけに盛大に褒められて、おやつまでもらえちゃうからご機嫌になりますね。

たったこれだけで、気が付けば半年…。

今ではムキムキもしなければ、お口を使うこともしなくなりました。

嘘みたいですよ~、こんな日がくるなんて~(*´∀`)

やり方はいたって簡単です。

苦手なところ(前脚や顔まわり)を触っては

『タンタンマーク♪:お利口さん』→オヤツ

それからTタッチもまるっきり同様に行います

(Tタッチのやり方は改めて書きたいと思います)

↑この少しづつの“成功”をチャージングしたお陰で最近では…

・ハーネスを着けるとき

ハーネスに前脚が通せたと同時に『タンタンマーク♪:お利口さん』→オヤツ

・抱っこするとき

「ママ抱っこ~」と声を掛けながら手を出して→モカが横っ腹をどうぞ~と出してくれたら

『タンタンマーク♪:お利口さん』→オヤツ

・前脚を拭くとき

脚に触った瞬間に『タンタンマーク♪:お利口さん』→オヤツ

もう一つおまけに、拾い食いしそうなとき

「しないよ~♪」の声掛けで対象物から離れた瞬間に『タンタンマーク♪:お利口さん』→オヤツ×2倍!!(スペシャル!)

尻尾プルプルしながら戻ってきます(笑)

**************************************************************************************

『タンタンマーク♪:お利口さん』とは

舌べらでタンタンと音を鳴らして(今の行動は正解だよと教えます)から“お利口さん”と

言葉をかぶせてます(我が家の場合)

これは、タンタンの音、そしてお利口さんという言葉がモカにとっては『嬉しい』と

チャージングが出来てきたから、怖くないんだ~!ちょっとくらい我慢しよっか!と

モカが思えるようになってきたのだと思っています。

**************************************************************************************

オヤツを使うとワンコになめられる。とか

オヤツに操られてるだけ~とか。巷ではいわれがちかも知れませんが・・・

これは、私とモカのルールなんです!←声を大にして言いたいです!

この一連の流れをルーチン化することで、毎日~笑顔で仲良く暮らせるなら

一生涯オヤツを使ったって良くないですかぁー(*´∀`)

『人間から見たらちょっとしたことが、ワンコには大きな違い!』

このお言葉はチャーリードッグスクールの新春座学で夏目先生からいただいた言葉です。

人間側のほんとにちょっとしたこと(今回は“スモールステップ”)が

モカには受入れやすい、分かりやすかったのだと思います。

頑張ってくれているモカ~何よりも愛おしいです p(´▽`o)ノ゙ ファイトォ~♪