読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

お散歩部inさいたま(3回目)

今日は部活動に家族で参加させていただきました。

本日のメンバーは・・・

・幹事のカエデさんとルビーちゃん

・大山さんとボンボン

・児島さんといちごちゃん

・ミシェルちゃんファミリー

・我が家モカとのんの5組♪

春ですね~♪

道満公園は桜が見ごとに咲き誇っていて気持ちの良いこと♪( ´θ`)ノ

うちのモカは超寒がりで、冬はほとんど歩かなかった イヤ歩けなかったので、

お散歩の時間がかなり短縮でした

でも最近のモカは“♪マーク”出しながら匂い嗅ぎをしては後ろ足で“キックキック♪”と、

ノリノリで歩いてくれるので、見ている私までルンルン気分で嬉しくなります♪

323-1.jpg

ただこの冬、寒くて歩けない時~お散歩のはじめの一歩がなかなか踏み出せなくて(^^;;

固まっているモカを「探して~!」の“狩りごっこ”で動かしていました・・・(^^;;

そうしたら最近は、座り込む=オヤツがもらえる!ということが条件付けされてしまったようなんですね。

これではモカの要求を受け入れることになってしまう?と悩んでいたところ

チャーリードックスクールのオンラインの記事で、やはりそれは間違だったということに

気付かせていただきました(^^;;

(また!やっちゃったぁー(^^;; )

なので匂いを嗅ぎたいときは、なるべく匂いとりをさせてあげ、

私が前へ進みたいときは、ロングリードをスルスルっと伸ばしながら歩く。

という飼い主を追わせる練習をはじめることにしました。

323-2.jpg

↑ルビーちゃん~今日もルンタッタ~♪

そしていちごちゃん~モカの匂いが気になるね~♪

先生のブログのように~モカが座り込んだときは

目を合わさない→ 背中を向ける→ 声をかけずに歩き出す。←これです(^^;;

最初は根気勝負でした(笑)

モカは地蔵のように固まって、ずーーーーっと動きません(^^;;

そういうときは“飼い主が動く”モカの視界の中でモカに近づいてみたり、

方向転換しながら動いてみたところ、お尻が上がり立ち上がったので、

その瞬間に『そうそう♪』と声を掛けたら歩けることが分かりました( ̄▽ ̄)

こういう時って飼い主の「ポジティブ!」さが必要なのですね。

私がどんどん前へ進んで歩かないといけない!と感じました。

「大丈夫?ついてきている?」とついつい自信なさげに振り返ってモカを確認したくなるのですが、

それは失敗でした。

なので、リードを頼りに!

リードの緩みを感じながらひたすた背を向けて前へ進むこと!←これ大事( ̄▽ ̄)

323-4.jpg

そして今日ののんは、水元公園の散トレから日が経っていないせいもあって

声が届く感がありました。

やっぱり『慣れ』なんですね。

そう思うとこういう機会を沢山つくってあげて、

“吠えなくても大丈夫”

“怖いときはママを頼りなさい”

という経験を沢山積ませてあげたいと思わずにはいられません。

そして、今日のワンポイントメモ♪

苦手なもの(ワンコさん、自転車、こども)には“早めの介入

早めの声かけでスルーすることができました。

お花見で人口密度は高く、またドックランの周りにはワンコさんが多かったけど

『名前を呼んでオヤツ』でスルーできました♪

又最近感じることですが・・・

のんの場合は前半(30分位)が一番興奮しやすいので

それをいかに私が落ち着いて対応(早めの介入)してあげられるかが

リラックスに導いてあげるポイントかな?と感じています。

モカとのん~それぞれですが・・・

そのそれぞれの苦手なものに対して取り組むこのトレーニングが

今は楽しくて仕方ありません。

323-5.jpg

私もモカとのんのことをもっともっと知りたいし・・・

モカとのんも「パパとママなら頼りにしてもいいのかな?」と思いはじめてくれてるかな?

と感じる部活動でした。

幹事のカエデさんそしてご一緒させていただいた皆さん

今日も楽しい時間をありがとうございました。

※全員の方のお写真がなくてすみません^^;