読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

術後 2日目

今日も面会に行ってきました

診察室がいっぱいだからと、先生がモカを待合室へ連れてきてくれました。

面会時だけカラーを外してもらって、すっきりした顔で、目をキラキラさせて出てきました!

昨日とは別犬?と思うくらい元気になっていたので、先生に許可をいただいてお外の空気をすいに、

抱っこして一回りお散歩に行きました。

外へ出ると、鼻をクンクンクンクンさせて~♪深呼吸~♪みたいな

気持ち良さそうに風にあたっていると、普段とまったく変わらない様子

でも、お腹は毛を剃られて、消毒薬で黄色くなって、絆創膏が貼られていて

なんとも痛々しい。

お散歩後は、飼い主さんと一緒の時にごはんを食べさせてみましょうか。と言われ

「えっ!?そうなの?」ちょっとビックリしているうちに、ドックフードとお水が用意されました。

お水はすでに朝から飲みはじめていて、大丈夫とのこと、問題はフードです。

はじめは、流動食の予定でしたが、消化の良いドックフード(缶詰)があるので

これをスプーン2杯くらい食べさせてみましょう!と。

日曜日の朝から何も食べてないモカの食い付きは、ものすごくてスプーン2杯なんて、

あっと言う間にたいらげました

問題はその後です!

食べると、いろいろな刺激があるようで、床に横たわり震えはじめてしまいました

どこか、触れていたら安心してくれるかな?と思って、腕枕にして、なるべく目を見ないようにして、

「そそ!偉いね~」とか「大丈夫だよ~」と声をかけました。

震えは周期があって、落ち着いたかな?と思うと、またやってくる。

せめて、落ち着くまで一緒にいてあげたい

きっと、飼い主さんがいる時に、一緒にご飯を食べてみましょう!というのは、

こういうことを想定してのことなのかな?とやっと納得ができました。

辛いときに一緒に居てあげた方が、モカには励みになるものね!

うん!よかった!よかった!

今日は1時間以上 モカと一緒に過ごせて~幸せでしたちょっぴり満足して帰ってくることができました。

今日の夜~そして明日と、ごはんを食べて吐かないで居られたら、そろそろ退院~ということになりそうです!

頑張れ~~~モカ