読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

つくばお散歩トレーニング 2017.04.15

先週末の日曜日はCDSのつくばお散歩トレーニングに家族で参加してきました。

見てくださ〜い♪
この桜色の広場でトレーニングなんて
なんとも贅沢♪としか言いようがありませ〜ん♪

さて、トレーニングと言うと、皆さんどういうことを想像されますか?
トリックの練習をしたり、披露し合ったり、又良いワンコさん(おとなしくて、飼い主さんの指示に忠実的な)
を連れていないと、そういう場所へは参加しずらい。とか・・・
そのように思われがちではないでしょうか。
…って、私がモカを迎えてすぐの頃そう思っていたのでした^^;

しかし、CDSのお散歩トレーニングはそういうトレーニングとは違うんですよね。

一言でいってしまうと、犬が居心地の良い場所で、犬らしくいられる、犬に優しいトレーニングだと私は思っています。

昨日は自己紹介後の広場で、たまたまモカの得意なノーズワークのデモをさせていただいたのですが・・・
ノーズワーク=地面にオヤツをばら撒いて探す(スポーツ?ゲーム?)のですが、モカは嗅覚をフルに発揮してオヤツを探します。

嗅覚を使うことは、犬の本能的欲求を満たしてくれるのと、心身ともに満足感で満たしてあげることができます。
又脳を活性化してリラックスに導いてあげることができるので、モカは、オヤツを探す事と同時にどんどんリラックスされているわけです。

そして、それを見ているまわりのワンコさん達には、モカの〈頭を下げて地面の匂いを嗅ぐ〉というその姿そのものが〈カーミングシグナル〉=落ち着かせる信号でもあるので、
ふと、まわりのワンコさんの姿を見渡すと、顔を背けて横を向いたり、モカと同じように地面の匂いを嗅ぎはじめたり、ふ〜っと違う方向へ歩き出したりしていました。
で、我が家ののんは何をしているのかな?と気になって見たところ、兄ちゃん(モカ)のデモに背中を向けてお座りをしていました。(笑)

あの、ワンコさんを見ると吠えて落ち着きのなかったのんが、リラックスして座っていることに感動で(^^;;
犬同士の会話って素晴らしいな。
とワンコさん達の姿に胸が熱くなりました。

そもそも、犬は平和主義で、落ち着いていられることを好みますよね。
だから、この大所帯の中で【落ち着いて居られた】という経験は、いずれワンコさん達の自信へと繋がり、又お散歩トレーニングで出来たという【励み】は私達飼い主の自信になると思うんです。
その嬉しい気持ちを持ち帰り、普段のお散歩でチャレンジしてみる。
そういう経験の積み重ねって双方に大事だと思いませんか。

だから、まずは犬を知り、種が違う犬達は何をどう感じているのか?
それを学んで、みんなで協力しあいながら、犬にも飼い主にも優しくて居心地の良いこういう環境をワンコ達に与えて続けてあげたいな〜。と思っています。

遠くから来てくださった夏目先生、幹事のジャムラ母さん、そしてお仲間の皆さん、
至福の時をありがとうございました♪