だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

動物愛護週間

今日は動物愛護週間中央行事、「動物愛護ふれあいフェスティバル」に参加してきました。
テーマは、譲渡で繋ごう命のバトンということで、カルフォニアから獣医師の田中亜紀先生、同じ獣医師さんでも行動学専門医の入交眞巳先生、新潟県動物愛護センターから遠山潤先生、民間の愛護団体から友森玲子先生が、それぞれのお立場から愛護活動の現状をお話ししてくださいました。

中でも私が一番感銘を受けたのは、行動学の入交先生のお話しでした。
攻撃性と言われてしまうお口の出やすいワンコさんの場合には、病気も視野に入れた方が良いということ。
そして、現在、尋常でないくらいお口の出やすい仔を保護された入交先生ご本人の取組みを、動画を交えてお話しくださったのですが、触ることも出来ない状態のハナコちゃんに「あなたのパーソナルスペースには入らないよ。」「コミュニケーションはオヤツだけよ。」というお約束を一環して行なった結果、4ヶ月後には頭を撫ぜ撫ぜできるようになったそうです♪
ハナコちゃん素敵なご家族に出会えて良かったね〜?

又、不安からの攻撃が9割で、コミュニケーションが分からない状態の犬に、上下関係はNG。
人との関係は悪くないということを徹底して教えてあげたそうです。

私が言うのも大変おこがましいですが、入交先生のお話しが、今日集まられた多くの若い方々に、どんどん広まって欲しいな〜。と思いました。
最後のパネルディスカッションでも、攻撃性の質問が多かったようなのですが、残念ながら時間が足らなくて、全ての質疑応答は叶いませんでした。
個人的にはあと30分で良いから、攻撃性に対する先生方のお話しをもっと伺いたかったです!

最後に、では私には何ができるのか…
それも見えてきたような気がしています(^^;;
より良い犬との共生を目指して、犬猫ちゃんも飼い主も幸せに暮らせるように…。
細々とですが発信していくことが、溢れる命の蛇口をしめる。ということに繋がるんだ。と再確認した次第です。

勇気を出して、今回の行事に参加して、本当に良かったです!
皆さんの活動を目の当たりにし、心に刻んでおかなくてはいけない言葉と、漲るパワーを頂きました(^o^)/
微力だけれど、私にできることから頑張りたいと思います!