読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

『遠慮のない関係』

ここのところの雨続きで、ワンコと暮らしはじめて一番困るのが、お散歩です。
排泄はまあ~家で出来るようになったからどうにかなるとしても、それでもお散歩は別物のようで『お散歩に行きたい!』と主張するモカ君です(笑)しかし、考えてみると飼いはじめてすぐの頃には考えられなかったこと。
だって、雨に濡れることなんて大嫌いだったし、濡れた手脚をお手入れすることなんか全く出来なかったから(^^;;
それが最近では、雨の中~びしょ濡れで歩いて帰ってくると、洗面所で手脚を洗わせてくれるようになりました(*´∀`)

はじめは短時間で、お湯(ぬるま湯)に触れるだけから始って、お湯の中に浸かれるようになり、今は私が手脚をモミモミして洗っても大丈夫になりました。

でもね、これは私が変われたからできようななったのかな?なんて思うところで…(^^;;
はじめは手脚を触ろうとするだけで、私の手を咬みにくるし、お湯に近づけば『うぅー』って怒りムキムキするし…
それを見てしまうと、怖いと思う気持ちがどうしても強くて、それ以上は出来なかった(^^;;

でも、今、本当に今だからこそ言えますが、『モカの為なんだからママは遠慮しないよ』という意気込みが、少しづつ~少しづつ私に備わってきて、今がある、今日があるんだと思います。

遠慮しない関係=おもねらない=強い優しさ(強い飼い主)

こういうケースの場合、世間一般的には、飼い主がなめられている、もっと力ずくでやらなくちゃ。などと言わわれることがありますが、私はそういう方法は好きではありません。
叱りや力を制して犬をコントロールしなくても、犬は強い飼い主についていきたくなる、そういう動物なんだと実感しているから、叱りや力は使いません。

モカが何を訴えてきても、ユーモアを返したりスルーして、ただただ淡々とお手入れを行ってきました。

いつも叱って、犬を脅してばかりいたら、犬から見た飼い主はどう映るのかな?そこまで考えて行動したいと思っています。

又遠慮しない関係とは他にもいろいろありますね

例えば)

・お留守をお願いする時や、今は相手が出来ないというとき、オヤツを与えてごまかさない(おもねらない)

・今は吠えないよ=インターセプト(強い優しさ)

・して欲しくない行動は制御する(遠慮しない) などなど

この辺が少しづつ伝わりはじめ、最近モカからの気遣いを感じることがあります(^^;;  それはね、手脚のお手入れが出来るようななったことも勿論ですが、ジャーキーを齧っているとき(笑)、ジャーキーが短くなると今までは慌てて齧り取っていたけれど、今では『これ以上かじったらママの手かんじゃうよ~』って、優しく齧ることを止めてくれるモカ。

本当に可愛いくて仕方ありません。

モカのんともっと仲良く暮らす為にも、遠慮しない関係を常に意識しながら、これからも取り組んでいきたいと思います。
だって、家族だもん(*´∀`)