読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

『4歳はおとなへの第一歩?』

のんのこと

昨日はのんのお誕生日ということで、FBの方では温かいお祝いのメッセージを

沢山いただきまして、ありがとうございました。

この場をお借りして改めてお礼申し上げますm(_ _)m

本当に嬉しい限りです♪

のんの成長を皆さんが 一緒に見守っていてくださるというだけで

私の気持ちの持ちようというか、安心感って、違うものです。

『一人ぽっちじゃないんだ~』って(*´∀`)

だから、いつまでも皆さんと繋がっていさせてくださいね。

で、期待してくださっていた、のんのバースデーごはんですが(^^;;

↑いつものスープごはんに、ちょっとお肉をふんぱつして焼いただけでした(^^;;

のんの場合~いろいろやってみましたが、この子はいつものごはんが一番好きみたいなんですよね、いつものスープたっぷりごはん(^^;;

モカは又別ですが…( 艸`*)ププッ

と言うわけで、超簡単手抜きごはんで、皆さんのご期待に沿えず(^^;;

すんまそん~(*´∀`)

さて、のんもあっという間に4歳!

最近では大人になったんだな~って感じることもしばしばです(^^;;

そのうちの一つが・・・

今まで夜になるとみんな一緒に寝室で川の字で寝ていたのですが、

最近はふらふら~っと出て行っては、リビングの真っ暗なサークルの中でひとりで寝ていて、びっくりです!

又お散歩拒否して、モカとロング散歩に出掛けて、(パパもいない時でも)一人で堂々とお留守番ができたり・・・

これって人間目線では「可哀想」と感じてしまいがちではないですか?

う~ん、4年前の私だったら絶対そう思ってたぁ~(>_<)

のんが一人でお留守番していると思うと、なんだかとっても可哀想で、

早く帰らなくちゃっ、早くのんのそばに行ってあげなくちゃ!って思うタイプ。私って(^^;;

(実は犬飼いには一番向いてないタイプだと自分でも思う(^^;; )

でも、のんは自分で安心して居られる場所を選び、

寛いで落ち着いていられるということは、動物福祉という観点から見ても

『命の安全』が確保されているということになるのかも。

そしてこれも『状態を教える』ということにも繋がるのかも知れない。

(どうかな?先生に確認しなくては^^;)

そう考えると『可哀想』と言うネガティブな発想ではなく、

『のん良かったね、偉いね♪』というポジティブな発想の方がのんには嬉しいし、私がポジティブでいることが、のんにとっても居心地が良い訳だから、

全てが良い方向に回って回って回ってまわ~るぅ~う~う~♪(笑)

となる。

こういうことも人間目線と犬目線の違いの一つなのかな。

今までは心のどこかで『可哀想』という言葉が離れなくて、我が家の場合は平日お留守と言うこともあり、いつもそれが引っかかり、

自信が無くて、なかなか強く(強い優しさ)なれなかった私ですが

強くなれる環境をのんが手助けしてくれて、強くなる勇気をもらっているような気がしています。

のんが大人になっていくお陰で、ママも大人になれるのね。

のんありがとね<(_ _*)> アリガト

私の可愛い可愛い~先生4歳のお誕生日おめでとう[emoji:v-238]