読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

『伝えるってこういうことか』

こんにチワワん♪

ぼくモカ平でーす!

↑これは昨日のお昼寝中のモカ(笑)

タオルケットの間に入り込んで、渦を巻いて寝るのがお気に入りです(笑)

そんなモカは、ド真面目君なあげくビビリィー君でもあるから、

ちょっとしたことでもビクビクしてはいちいち確認しないと気がすまない

いちいちマンで~す(*´∀`)

可愛いでしょ♪♪

昨日もテーブルの上にいつもは無い紙袋が置いてあって、それに向かって『うぅ~!』って…(^^;;

最近は『ママに教えて~』って言うと一目散に飛んできて、抱っこをして対象物(紙袋)を確認し→納得みたいな(笑)

と、ここまでは良いのですが。

今回のテーブル。

テーブルに乗りたくて仕方ない。

で、乗せてしまうと、確認したは良いけど、高いところに乗ってしまったことに気づき、今度は高くて怖い(^^;;

尻尾が内に入り、腰抜けみたいに座り込み、私が抱き上げようとすると、『ガルゥー』となる。

毎日ではないけれど、まぁ~いつもこんな感じで、下ろすのに一苦労してました。

(いつもガルゥーって言われても、ちゃちゃっと抱っこして下ろしてました(^^;; )

で、最近座学で勉強する機会が増えてきて、一つのことをいちいち考えるようになってきた私(^^;;(やっと…(^^;;)

モカは怖いんだよね。

『ガルゥー』=怖いよ!なんだよね。

って前から分かっていたつもりなんですが、怖くなんかないさ!

『ほら、怖くないよ~!』って気楽に思えた時があって、気楽だから身構える気配をモカが感じなかったのかな?

それからと言うもの、『ガルゥー』の先の咬むという行動が少なくなってきています。

今迄は、自分では意識しないようにしていたけれど、でもどうしても『ガルゥー』と言われたら力が入ってしまっていたんだと思う(^^;;

それでも、ユーモアで笑いながら『大丈夫だよ』と。

そうだな~セリフを言うような感じで諭していたのかも。

それが、

『ガルゥー』=怖いよ。ってモカの言葉なんだ!といつしか普通に思えた辺りから、モカの力が抜けてきた。

というより私の力が抜けてきた。と言う方が正しいのかも。

いろいろな事がリンクしているんだと思うけれど、お陰様で私の手~だんだんと傷が薄くなってきています(*´∀`)

伝えるって言葉なんだけど、もっと深い飼い主の感情の部分を、

犬はちゃんと見分けているんだな~って、つくづく感じます。

伝えるってこういうことなのかもね(^^;;