読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

『前期最後の秋ヶ瀬お散歩トレーニング』

今日はモカとのんを連れてチャーリードッグスクールのお散歩トレーニングへ参加させていただきました。

天気予報では雨、実際何回かポツポツと雨が降った時もありしましたが、ずぶ濡れになることもなく

涼しい中~気持ちよく歩くことができました!まさにミラクルでした٩( ´◡` )( ´◡` )۶

丁度一週間前の夏目先生の座学で、犬のボディランケージのお話を伺って・・・

ボディランゲージはその時がはじめてだった訳ではないのですが、より犬と仲良くなる為のツールが山盛りで、私の心に響きました^^;

(遅いよね ^^;)

今日は犬同士のボディランゲージを邪魔しないように、そして私もそのお手伝いが出来るように

そんなことを課題に歩きました。

具体的には、モカは他のワンコさんとの距離が近すぎるとガウガウして『近いよ!』という

意思表示をするんですね。

これは犬として“当然の行動”ではあるけれど、種の違うこの人間社会で暮らしていくうえで

人目線で見たら?

『攻撃的』とか『気が強い』とか『恐い』など、やっぱり良く言われることは少なく^^;

それではモカには窮屈だし、生きずらいと思うので、もっと生きやすく暮らしやすくしてあげたい。

なので他のワンコさんとの距離が近すぎると感じたときは、マグネットでモカを動かして、

『ガウガウしなくても大丈夫だよ』という経験を沢山積ませてあげよう、あげたい!!と思ってのチャレンジでした。

幸いお仲間の皆さんに助けられて、モカとワンコさんとの距離が近いと、お互いが距離をとるように

相手の飼い主さんも自分のワンコさんを動かしてくださったので本当に助かりました。

皆さんありがとうございましたm(_ _)m

考えてみると、今までって『なんでガウガウしてしまうんだろ?』と気にするくせに

あまり頑張ってなかったような気がします。わたし^^;

座学でボディランゲージを学んで、自分の中に浸透しつつあるからこそ、考えられるようになったのだと思う。

学ぶって大事ですね。

常にガン見するのではなく、私の視界の隅でモカを確認しつつ、距離が取れればガウガウしなくてすむ!

という体験を今日はいっぱいできました。こういう事が本当に私の自信に繋がります。

ダメだ、出来ない、と言うのは簡単だけれど、こういうポジティブな経験が一度でも出来たら

『出来ないことは無い!』って確信できるから、今日の収穫は大きいです!

そして先生からのお話で印象に残っていることは・・・

犬のボディランゲージを勉強するようになると、『これはストレスがかかっているから可哀想』と飼い主が判断し、

ストレスに対して飼い主が臆病になり、何も出来なくなってしまうケースがあるそうです。

でも犬は自分でカーミングシグナルを出し、自分で発散したり、自分で落ち着こうとする動物で、

大事なことはそのカーミングシグナルを出してあげられる状態(環境)を飼い主が整えてあげること。

**********************************************************************************************

カーミングシグナルとは、犬のボディランゲージの一つで、28種類もあるといわれているそうです。

例えば)瞬きをする、舌をぺろぺろする、地面の匂いを嗅ぐ、尻尾を振る、顔を背ける、距離をとる、etc

対ワンコさんへの『平和のシグナル・落ち着きましょう』を表現するシグナル。

**********************************************************************************************

そのお話を聞いてワンコさんを見てみると、例えばデモを頑張るワンコさんは

みんなの輪の中に入ることで緊張したり、見られていると感じたり、又はみんなと近いと感じたり・・・

でも、自分で身体を掻いてみたり、地面の匂いを嗅いでみたり、それってシグナルを出して発散しているそうです。

それを、『身体を掻いているから、これはストレスだ!可哀想』と判断するのではなく

『シグナルが出せているから大丈夫。』と飼い主が思えること、そういう判断が出来るように

シグナルを読めるように練習するってとても大事だと思いました。

又社会化とは、期間を決めたり、新しいものに慣らすだけが社会化ではなく、犬がこの人間社会で行きやすく、暮らしやすくしてあげるものだから、いつでもいつからでも可能だし、遅いということもなければ終わりもない。

どんな場合でも希望はあるという力強いお話にとても安心し納得したのでした。

そして今日のデモは・・・

・名前を呼んでオヤツは私とモカとのんでさせていただきました。

 CDS3年生にしてやっと落ち着いて出来るようになった気がします

 (私の説明は除く ^^;)

・マグネットをカエデさんとルビーちゃんペア

 ルビー姉さんのルンタッタ♪とママに着いていく姿は、いつ見ても癒されます♪

 思わず『ほっこり~♪』

・オンリードのおいではれあママさんとれあちゃんペア

 まわりが気になるれあちゃんでしたが、ちゃんとカーミングシグナルを出して、

 ママの後をついていけましたね~♪ とっても可愛かったです♪

もっともっとボディランゲージを読めるように勉強して、犬と同じシグナルを使って

CDSの可愛いワンコさん達と会話出来るようになりたい!

そう思う前期最後のお散歩トレーニングでございました。

最後に…

私のことですが、夏目先生にお会いすると、尊敬し信頼できる方だからこそ、とても安心出来て、

もし自分が犬だったら思わず尻尾が振れてしまうくらい嬉しくてリラックス出来てしまう~

そんな自分がいます(笑)

だから先生と一緒だと、何も飾る必要がなく『素』の自分がついつい、ホントについつい・・・出てしまう(笑)

(壊れている訳ではないのです(^^;; )

何が言いたいかというと、モカとのんにとっても、そういう存在になりたいな〜と、

とつくづく思ったのでした♪はい(^^;;

チャーリーママさんこと夏目先生、幹事のカエデさん、そしてご一緒した皆さん

楽しくて充実した時間をありがとうございました。

しばしの夏休みに入りますが、各地座学へ参加させていただきながら、

自分のモチベーションアップアップで夏の間を乗り越えたいと思っております。

又あちこちで~どうぞよろしくお願いいたしまぁーす♪