読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

空気を読む犬達

最近感じていたこととかなりリンクしてしまったのでご紹介させていただきたいと思います。

まだ読まれていない方は是非~♪

↓↓↓

本日のdog actually さんの記事

『空気を読む犬達と、もうひとつの社会化』

我が家ののん子さん、吠え吠えちゃんなのですが・・・

不思議なことに私が『こんにちは~♪』と“笑顔で”“明るい声”で

挨拶する相手(対わんこさん)には吠えずにいられることが増えてききたんですね。

(初めましての方にもです)

しかし、私がどーーーーしても苦手な人(相手もそう思っているかもしれないですが)

には“笑顔”や“明るい声”では挨拶が出来ず^^;

どうしても素っ気無い挨拶になってしまうんです(反省なんですが^^;)

そういう人っていませんかぁ?

なので、そういう相手には

決まって『吠えます!!!』

『ギャンギャン吠えます!!!』

そういう些細なこと

空気だったり、仕草だったり、慌てた行動(私の癖)だったり・・・

犬はみごとに感じ取るんだな~とつくづく思います。

以前、CDSのお仲間さんのコメントで・・・

『ママが挨拶していたら大丈夫なんだ!と思えるようにりますね』とか

『ママがしてほしくないことはしなくなる』とか・・・

読んだ記憶があって、

そんなことって本当にあるの?って

半信半疑だったのですが(笑)

でも、私が笑顔で挨拶が出来る相手にはのんが吠えないことを経験してから、

いつもこの言葉を思い出していました。

私の声と『大丈夫なんだ』の対提示。

古典的条件付けなわけですよね。

そして、もう一つの社会化~

それは本当に人なんですね。

私の変なプライドは脱ぎ捨てて^^;

明日からはのんの為に、そして自分の為にも(^^;;

笑顔で明るい声で『こんにちは~♪』が

言えるように頑張らねば!!と思う記事でした(^^;;

モカとのんには本当にいろんな事を教わっている気がします(^^;;

私の可愛い先生達です(笑)