読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だって家族だもん♪ moka&non-diary

モカとのんとのトレーニングのあれこれ・・・を綴っています。

狩りごっこ

我が家の拾い食い対策の一つでもある“狩りごっご”

モカとのお散歩では“狩りごっこタイム”を取り入れながら歩くのが日課です。

狩りごっことは・・・

『探して~♪』の合図でオヤツを投げて、ワンコさんにオヤツを探してもらいます。

オヤツが見つからないときは「ここじゃない!?」とか、

オヤツに近づけたときは「そうそう」とヒントを与えながら

一緒にオヤツを探します。

で、オヤツを見つけたときには『タンタン♪』で正解を教えます。

これはワンコの本能でもある『狩り』、獲物を見つけて捉えるという

狩猟欲を満たしてあげることもできるワンコにとって楽しいゲームでもあり

飼い主と一緒に探すこと(共同作業)で、食べ物のそばにママが居てもママはオヤツを取らないよ、だから食べ物(オヤツ)は守らなくても大丈夫なんだよ~

と教えてあげることができるんですね。

狩りごっこをはじめた頃、飼い主の手から落ちたものしか食べてはいけない。

という趣旨で、もちろん先生からアドバイスもいただいてはじめましたが・・・

・地面に落ちているものを食べる(拾い食い)

・飼い主が地面に投げたものを食べる(狩りごっこ)

↑これって同じ地面に落ちているものを食べる事に違いはなく。

大丈夫なんだろうか? 石を食べても良いよと言ってることにはならないのだろうか?と

正直心配もありました^^;

なのでオヤツが落ちる場所は、石が無い場所を探してからはじめたりして・・・(笑)

でも、先生のアドバイスを信じて~ひたすら続けてかれこれ~1年。

最近モカの行動に変化が見られました!

オヤツが落下した隣に石があり、オヤツと石が仲良く並んでしまったときがあったんです(心臓はかなりバクバク^^;)

でもモカは石の匂いを嗅いで「オヤツはこっちだぁ!」と区別したんです。

別の日も~間違って石をお口の中に入れてしまっても「これは食べ物じゃなかったよ!」って

石を“ぺっぺ”できたんです。

区別ができるようになってきたんです( ̄▽ ̄)

“狩りごっこ”ってこれなんだぁー!って私~鳥肌が立ちました(^^;;

嬉しくて『モカ凄いね!カッコイイね!』と大きな声で褒めまくり

きっと通りがかりの人には怪しく見えたかもしれませんが・・・(笑)

感激でした*\(^o^)/*

チャーリードッグスクールでトレーニングをはじめた頃、よく先生から

『1年も経つと変わってくるものですよ。』とアドバイスを頂きましたが・・・

最近はモカものんも成長を感じることができてきて、こんな日が来ようとは…

嬉しい限りです( ̄▽ ̄)